独学で社労士試験一発合格を目指すブログ

行政書士試験、宅建士試験に独学で合格した勉強方法を使って社労士試験も一発合格してしまおうという、その軌跡を描いたブログです。

こんな人は通学には向いていないと思う・・・

社労士試験のような難関な資格試験になると、当然、独学以外のルートに頼りたくなるものです。

私も一時期ですが、考えたことがあります。

 

具体的には家庭教師は抜きにして、通学と通信講座です。

 

これら二つの学習方法と独学を比較してちがう点は、

 

耳からの学習と質問できること、そして強制力が強いことです。

 

これが独学にはない部分です。

 

そして、合格率にも影響大です。

 

実際に耳と目からの学習できる講義というのは非常にわかり易いですし、記憶にも残り易いです。

 

ですが、これらにむいていない人がいます。

それはどんな人かというと、

 

他人の話を集中して聞く力がない人です。

 

これがないととくに通学では意味のないものになってしまいます。

 

そしてこういう人、意外と少なくないです。

 

通学だとそのときそのときに確実に聞く集中力が必要となってきます。

講義は一回キリだからです。

 

そのときに寝てしまったり、右耳から左耳に流れて行ってしまう人だと効果は薄いです。

もちろん、高額な費用を払っているという自覚が強ければその可能性も低くはなるのでしょうが、実際に集中できないときも多いです。

 

私も学生時代に塾にいった経験がありますが、同じ塾にいた友達でも真剣に来いている人とそうでない人がいました。

 

やはり、成績は差となって現れてきます。

 

同じことが通学でいえるでしょう。

そもそも社会人が通学となると仕事終わりということになるはずですからなおさら、眠気が強い状態で受けることになります。

 

終業後のミーティングなんかの経験がある人ならばわかると思いますが、疲れ切った状態で人の話を聞くというのはかなりの集中力を要します。

 

なので、通学に向いている人と向いてない人がいるということです。

 

まずはこの点を踏まえて通学を検討した方が良いでしょう。

高額な受講料を払って不合格となると身もふたもありません。

 

一方、通信講座も動画講義があるから同様に思えるかもしれません。

 

ただ、通信講座のメリットはDVDなどにされて届けられることも多いので、なんども見られるという点にあります。

そして、集中力が一番ある時に見られるという最大の利点があります。

 

そのことを考慮しても、断然、通信講座が一番コスパが良いと思います。

 

ちなみに私が以前勉強していた時は、通信講座を受講する費用がなかったので、代わりに耳から学習できる市販の本を利用していました。

 

 もしかしたら、今は新しい版は出版されていないのかもしれません。2018年度版や2019年度版は探したけど見つかりませんでした。

当時はコレを使っていました。

やっぱり耳から学習するのは違います。

 

 

ちなみにこんなのもありました。ちょっと高いですが、通信講座よりは安いです。

もうちょっと出した通信講座を受講するか、これを利用するか悩みどころかとおもいます。

みんなが欲しかった! 社労士の教科書 速攻マスターCD 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! 社労士の教科書 速攻マスターCD 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

 

 

とにかく、耳や目から学習するのは非常に有効です。

字面だけの勉強では限界がきます。

第一種衛生管理者も気になる・・・・簡単なの!?

 第一種衛生管理者と言えば、社労士の科目にも安衛法で規定されている選任義務がある、資格者です。

 

私もものすごく詳しくありませんが、名前を何度か聞いたことがあります。

 

この第一種衛生管理者、自発的には取るというよりは、会社に必要に応じて取らされるというイメージがあります。

 

そんな話を聞いたことがあります。

 

社労士試験と比較すると、難易度が全然違うみたいです。

 

もちろん、社労士試験と比べると簡単です。

合格率も高いです。

 

試験も年1回の社労士と比べて多いです。

 

つまりは、第一種衛生管理者の方が取りやすいということです。

 

まぁ社労士に合格できるような人であれば、きっと簡単に取得できるでしょう。

 

キャリアアップするには最適な資格といえるでしょう。

 

なんせ50人以上の労働者のいる職場では選任しなければいけないので、会社も必要とする人材だからです。

 

罰則規定もあります。

 

なので、企業側もやっきになって有資格者を探す、あるいわ既存の社員に取らすことになるでしょう。

今、在職中の人はとくに取りたい資格の一つだと思います。

 

私も気になっている資格の一つであります。

 

 

第1種衛生管理者 集中レッスン ’19年版

第1種衛生管理者 集中レッスン ’19年版

 

 

 

 

社労士試験は人気資格といえるのか!?受験者数は少ない?多い?

 

 

社労士って実際のところ人気なのか?

非常に気になるところでしょう。

 

今回はその他の士業の受験者数と比較して、社労士試験が人気なのかどうなのか?

徹底比較していきたいと思います。

 

まずは社労士試験の受験者数ですが、毎年ちょっとずつ下がってきていますが、その数としては

 

およそ4万人くらい。

 

この数が多いのか少ないのかは他試験と比較してみないとわからないと思います。

 

まずは似たような難易度の行政書士と比べてみましょう。

 

行政書士の受験者数はというと、これまた

およそ4万人となっています。

 

数字だけみると、なんだ同じかよって思われるかもしれませんが、忘れてはいけないのが、受験資格です

行政書士試験は受験資格はなく、誰でも受験できます。

一方、社労士は厳しい受験資格があります。

コレを満たす、受験生はどれくらいいるか?

予想でしか言えませんが、行政書士受験生の半分くらいだと思います。

 

つまり、社労士試験は行政書士試験よりも人気ということが言えると思います。

 

ちなみに、宅建士試験は?

 

というと、受験者数は20万人とまさに桁違いです。

 

人気が最高の士業といえるでしょう。

 

こちらも受験資格なしの無制限の受験資格になっています。

 

 

まとめると、社労士試験は宅建までは人気あるわけではないけど、行政書士よりは人気の資格といえるでしょう。

 

おまけに司法書士試験は1万5千人程度と言われています。

こちらの試験は申し込み期間も1週間とちょっととごくわずかな期間です。

それだけ、本気の人以外は受けない資格と言えると思います。

 

以上、士業の人気についてでした。

 

やっぱり、人気の資格を取るというのも動機の一つだと思います。

 

 

 

「社労士」6ヵ月ラクラク合格術―有名資格学校の人気講師が教える

「社労士」6ヵ月ラクラク合格術―有名資格学校の人気講師が教える

 

 

ブラック企業を失くす方法・・・・

 ブラック企業、なかなかこの手のニュースというのはなくなりません。

 

それだけ、ブラック企業というのは世の中に多いという事なんでしょう。

私もこれまで、超ブラックという、企業で仕事をしてきたこともありました。

 

時給に換算したら、いったいいくらなんだよというくらいです。400円!?くらい(笑)

最低賃金を大きく下回っていました。

 

勤務時間外、休日などの仕事の強制、ほんと最悪な思いをしました。

 

そんな企業にも石の上にも三年と、特に文句も言わずに頑張りました。

 

結果、限界がきて、退職しました。

退職の際にも、結局有給消化させてくださいとお願いしても、高圧的な態度で却下されました。

 

そん時に本当に悔しい思いをしました。

 

どうしたらブラック企業がなくなるのか?

 

そう考えたときに、やはり、働いている従業員自身が労働基準法や関連法律の知識をみにつけて置くというのが大事だと思います。

 

皆さん、信じられないかもしれませんが、中にはブラック企業に身を置きながらも、自覚のない人が案外います。

 

いじめられてるのに、いじめだと思っていない人と同じようです。

 

その人自身が気づいていなくて幸せならそれでいいという意見もありますが、やはり健康状態、メンタルヘルスにも影響することなどで、ほってはおけません。

 

そのことを踏まえても、まずは従業員の知識向上を目指す必要があると思います。

 

具体的には失業した際の雇用保険の受給の説明会などで強制的に労働基準法の講習を開くなど、手があるはずです。

 

とにかく、知ることがまず第一です。

知らないと主張すらできません。

 

 

もう一つ、私が思う、ブラック企業撲滅対策として、

管理職の労働基準法やその他関連知識の講習などです。

 

これも従業員と同じです。

 

管理職が優秀とは限りません。

馬鹿な上司、最低な上司は世の常です。

 

先程の私の例で言えば、有給取得の件ももしかしたら、そのバカな上司に知識がなかっただけなのかもしれません。

有給がどれだけあって、どのタイミングで付与されているのかを知っていたとは限らないのでは?とあとあとになって思いました。

意図的に知っていてやっていた可能性も高いですが、ほんとうに知らないパターンも十分にあります。

ちなみに、もっと上の経営者トップレベルに言っていたら状況は変わっていたのかもしれません。

 

ということで上司のこの労働基準法のリテラシーを上げてほしいということです。

 

というか上げるべきです。

 

こういう無知な人間が上に立つことで、会社全体が黒色に染まってしまうのはもったいないです。

 

次からは直属の上司に言ってだめならば、違う人に言います。

 

ちなみに上司に言った後、事務員レベルの人にも言いましたが、それは会社で決まっているから取れないと濁されました。

恐らく、知っていたけど、そのバカ上司に忖度したんでしょう。

 

とにかく、この二つをやるだけでもブラック企業は少なくなると思います。

そこで、やはり社労士が、企業側に立ち、改善や必要な講習とを実施していくというのも大事な仕事だと思います。

 

ただ現実、難しいと思います。

 

ブラック企業は本当になくなって欲しいと思います。

完全ホワイトではなくてもいいです。せめて白よりもグレーでもいいです。

社労士に合格ってすごい!?自慢できる!?

社労士試験を受ける理由の一つとして、何か世間のみんなから認められる資格を取得したいそういう方も多いのではないかと思います。

実は私もそういう動機も少なからずあります。

 

ところで社労士試験に合格することって、すごいことなんでしょうか?

 

知人や友人、家族に自慢ができるのでしょうか?

 

それについて考えていきたいと思います。

 

まず、社労士試験に合格はすごいのかという質問についてはズバリ。

 

めちゃめちゃすごいと思います。

 

社労士試験の合格率と受験資格をご存知でしょうか?

 

社労士試験は基本、エリートのような人でないと受けれません。

エリートといえば、大袈裟かもしれませんが、学歴要件とか他資格試験合格者要件、実務者要件など、他士業は受験資格ないのが多い中、社労士は受験資格があります。

 

つまりは狭き門なわけです。

 

さらにその中で合格するのは毎年、一桁という合格率です。

 

これがすごくないわけありません。

 

記念受験という人もまれでしょうし、ある程度の学力、基礎力を持ち合わせた人が挑戦して、この結果です。

 

 

つづいて自慢できるかについてです。

 

これに関しては、社労士の知名度にもよると思います。

前記したように社労士がすごい資格だとわかっている人にならば、自慢はできますし、称賛されると思います。

 

ただ、社労士試験というのは、一般からしてみれば知名度が低いと思います。

 

なので、誰に自慢するかにもよると思います。

 

相手を間違えると、何それで終わる可能性があると思います。

 

一般の人なかでは弁護士以外の士業はあんまり知名度がなく、みな同じなのです。

 

ということで、まとめると以下になります。

 

社労士試験は合格はすごいけど、自慢できるかどうかはわからないということです。

 

参考までにどうぞ!!

 

 

社労士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本

社労士の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本

 

 

無敵の社労士がオススメ!!雑誌みたいという感想

私が以前、社労士試験受験を目指していたころにお世話になっていたのが、『無敵の社労士』というちょっと変わった本でした。

 

確か、私の年度で、計4回出版されたと思います。

 

今のところ順調に出版されているので紹介したいと思います。

 

まず、この無敵の社労士を呼んだ感想です。

初学者から中級者まで、楽しめる内容だという点です。

そして、雑誌みたいなので、とにかく読んでいて楽しいですし、飽きないです。

 

文章のみの参考書だと、あ~あ勉強という気がしてちょっと萎えるんですがけど、この本だと、本当に普通の雑誌を読む感覚で勉強できます。

そして私のときについていたのが巻末付録です。

 

これが暗記カードで非常にありがたかったです。全巻揃えれば、結構な量になります。

毎年やっているかは不明ですけど。

 

特集記事があったり、コラムのようなものがあったり、現役の社労士の受験勉強時代の苦悩が書かれていたりと、とにかく、勉強って感じではないのがこの無敵の社労士です。

また基本書のように分厚くないのでさらっと読めのもまた特徴です。

 

 

ぜひ、オススメします。

 

もちろん、これだけで合格はまず難しいとは思うので、別途基本書は必要かと思いますが、勉強導入時やちょっと飽きたなぁっていうときは、オススメです。

 

 

無敵の社労士 (1) スタートダッシュ 2019年合格目標

無敵の社労士 (1) スタートダッシュ 2019年合格目標

 

 

 

無敵の社労士 (2) 本試験徹底解剖 2019年合格目標

無敵の社労士 (2) 本試験徹底解剖 2019年合格目標

 

 

 

社労士試験、士業の中での難易度はどのくらい!?

皆さん、こんにちわ。

 

社会保険労務士の試験は難しいです。

 

簡単ではありません。

 

これは皆さんにとって周知の事実だと思います。

それは合格率にも表れていて、1ケタ代を常にキープしています。

 

しかも受験資格があり、簡単にいえば大卒か実務経験ありとか他の士業試験合格者などのハードルがあって、この数字です。

 

非常に難易度が高いことがわかると思います。

 

ただ、誰にも手が届かないほどのレベルなのか?

と言われるとどうなんでしょうか?

 

そこで士業の中で社会保険労務士がどのくらいなのか、これについて考えたいと思います。

 

gyouseisyosigoukaku.com

 

弁護士>司法書士>弁理士>税理士>土地家屋調査士>社会保険労務士>行政書士>海事代理士の順番となっています。

 

多少の順番の入れ替えはあると思いますが、おおむねこんな感じだと思います。

 

これだけみれば、社労士試験が雲の上の存在というわけでもないことがわかると思います。

 

上には上がいます(笑)

 

ちなみに宅建士はこの中には入っていませんが、もし入っていたならば、一番下です。

 

参考になったでしょうか?

 

見方を変えれば、自分がどんな資格試験に挑戦しようかわかると思います。